様々な効果が期待できるボトックス注射【小顔になりたいなら必見】

ボトックス注射の魅力

顔を触る人

美容効果が高いボトックス注射

今まで集合写真を写す際に、後ろに下がるクセがある方は顔が大きいことにコンプレックスを感じている場合が高いといわれています。顔が大きい事の原因がむくみだったり、余分な脂肪にあるとマッサージを行ってむくみ解消をしたり、エクササイズを行ってダイエットをすれば顔周りがすっきりして美しいフェイスラインを手に入れることができるので自分でも問題を解決することは十分に可能です。しかし、顔が大きい原因が骨格や頬の筋肉にある場合は小顔ケアを自分で行うことは難しくなるため諦めてしまっている方も少なくありません。しかしコンプレックスを無くして自分の顔に自信を持ちたいと考えている方におすすめなのが美容整形外科に相談して小顔治療を受ける方法です。今までは美容整形外科で行われる小顔治療というと、骨切り術と呼ばれる顔のサイドの骨を切除する手術が主流でしたが、体へのリスクが高いことや傷跡が完治するまで時間がかかることから、気軽に受けられる美容施術ではありませんでした。そんな方にもおすすめなのが、ボトックス注射を行う方法です。ボトックス注射とはボツリヌス菌の毒素をあえて体に注入することによって、頬のエラの部位に張り出している咬筋と呼ばれる筋肉に一過性の麻痺状態にして部分的に筋肉を衰えさせる事が出来ます。顔の筋肉は無意識に使われている部位が多いので咬筋を使わないように意識することは難しいですが、ボトックス注射を使用すれば部分的な筋肉だけ機能を抑えることが出来るので、発達した咬筋を細くスリムにすることが可能となりフェイスラインがシャープになります。ボトックス注射が美容整形外科で主流になってからは、骨切り術を行うよりも高い小顔効果を得ることが出来るとして利用する方が増えてきています。傷跡も注射針の跡しか残らないので周りにも美容施術を受けた事がバレにくいため気軽に治療を受けることが出来ますし、咬筋が衰えることで夜間の歯ぎしりで悩んでいる方も噛みしめる力が弱くなるので、歯の摩耗や肩こり、頭痛などの歯ぎしりが元で起こるトラブル改善にも繋がすメリットがあります。